相続による不動産売却|税理士による節税|相続した不動産の維持管理|スリーウェイズ|横浜

固定資産税の名義変更をしたらいつから税金を払わなければいけないのか解説します!

皆さんは、土地の名義変更が求められるタイミングを知っていますか。
相続や売買など、どの場面で名義を変えるべきなのか分かりにくいという方も多いでしょう。
そこで今回は、土地の名義変更をするタイミング、そして固定資産税の名義変更と支払い方法をご紹介します。

□土地の名義変更をしなければならないタイミングは?

最初に、土地の名義変更をすべきタイミングを4つご紹介します。

1つ目は、土地の売買を行う際です。
不動産の売買は、一般的には第三者間で取引するため、トラブルを防ぐためには名義変更は必須です。
もし購入側がその不動産を担保とし、住宅ローンを組むのであれば、土地の名義変更は絶対となるため、不動産を引き渡す際に名義変更も行いましょう。

2つ目は、土地を家族などから相続する時です。
前の所有者が亡くなってしまい、「遺産」という形で相続する場合には、「相続登録」が必要です。
相続だと、なりすましなどのトラブルが起きがちなので、チェックするものも多く、必要になる書類も複雑です。
また、相続人が複数いる場合だと、遺産分割協議も行われるため、弁護士や司法書士の力を借りた方が良いでしょう。

3つ目は、土地を贈与として受け取る際です。
贈与の場合、土地を受け取る側と渡す側の両方の本人確認が求められます。
相場と比較してかなり安く土地を購入しても、その差額分を「贈与」と見なされるため、贈与を検討の際には課税の対象となることも念頭に置いておきましょう。

4つ目は、離婚して財産分与の際に土地を得た時です。
例を挙げると、夫が両親から得た土地に家屋を建て、離婚後に子供を引き取った妻が家屋の分与を主張し、土地を得る場合です。
しかし、離婚後の財産分与では夫婦間で揉めてしまうことが多くあるので、弁護士など第三者に仲裁してもらうと良いでしょう。

□固定資産税の名義を変更する方法と支払いの方法を解説!

ここからは、固定資産税の名義変更の方法、そして支払い方法をご紹介します。
固定資産税の場合、その年の1月1日に所有する者に納税義務が発生するので、覚えておきましょう。
支払いに関する問い合わせや、土地の固定資産税を相続人へと引き落とししたい場合には、役場の税務担当課に赴き、届出用紙や銀行の届出印鑑が必要です。
また、相続登記をそのまま行うには多くの種類の書類が求められるので、事前に準備しておきましょう。

次に、支払い方法を解説します。
固定資産税の対象は、日本国内にある土地や家屋、有形償却資産です。
一般的な課税の基準では、土地の場合30万円未満、家屋の場合は20万円未満だと非課税として扱われます。
そのため、無駄に多くの税金を支払わないためには、正しい知識が求められるため、わからない部分は専門家に頼っても良いでしょう。

□まとめ

土地の名義変更や固定資産税について、ご理解いただけたでしょうか。
税金関連は専門用や必要な知識も多いため、少しでもわからない場合には専門家を頼ることをおすすめします。
不動産の売却や相続を検討の方、疑問点がある方は、当社までぜひご相談ください。

売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
相続不動産と相続税の総合専門家/株式会社スリーウェイズ

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ