相続による不動産売却|税理士による節税|相続した不動産の維持管理|スリーウェイズ|横浜

相続と贈与の違いって結局なに?生前贈与の注意点を解説します!

皆さんは「相続」と「贈与」の違いについて知っていますか。
どちらも財産を誰かに渡す手段であるため、混同してしまいがちですが、財産をお持ちの方や受け取る予定がある方は知っておいた方が良いでしょう。
この記事では、そんな相続と贈与の違い、そして生前贈与をする際の注意点を解説します。

□相続と贈与は何が違うのか?

「相続」と「贈与」は、どちらも「誰かに資産を与える」と言う点で同じです。
では、この2つは何が違うのでしょうか。
簡潔に言うと、「いつ与えるのか」が異なります。
一般的に、日本では財産の所有者が亡くなった際に、ご遺族など相続対象者に対して資産が相続されます。

しかし、「贈与」の場合は、亡くなった際ではなく存命の期間中に行われます。
どのタイミングで財産を渡すかによって、相続なのか贈与なのかが変わりますが、どちらもそれぞれ「相続税」もしくは「贈与税」が発生します。

さらに、相続と贈与にはどちらも独自の規定が定められており、それぞれどのタイミングで利用するべきかが異なります。
贈与の中には「生前贈与」と呼ばれるものがありますが、これは文字通り「生きている間に贈与する」ことであり、一般的な「贈与」と同じ意味合いです。

しかし、近年では「相続税を節税するために行う贈与」といった意味で使われることが多いです。
また、贈与は双方の合意があって初めて行われるが、相続は双方の意思は関係なく発生するという点や、遺言書が必要かどうかといった違いもあります。

□生前贈与の注意点をご紹介!

前節で「生前贈与」という言葉について少し触れましたが、ここからはそんな生前贈与をする際の注意点をご紹介します。

*財産が相続税の基礎控除よりも少ない場合

相続税の基礎控除額が、財産よりも高い場合には、相続税が発生せず生前贈与をする必要がないです。
一方で、贈与税の非課税枠である110万円を超える額で生前贈与をする場合には、贈与税が発生するので注意が必要です。

*土地や不動産の生前贈与をする際にはじっくり考えてから行うべき

お金や証券など換金性に優れた財産を生前贈与することは容易ではありますが、土地や不動産など価値の高い財産を生前贈与する際には、注意した方が良いです。
土地を生前贈与する場合を例に挙げると、110万円分の土地のみを贈与するといことができないため、非課税枠を超える価値の土地を持つ場合には、高額な税金が課せられます。

土地を数年かけて少しずつ贈与するという手法もありますが、その場合は司法書士や税理士に支払うべき費用が発生するため、必ずしも最適な方法とは限りません。
そのため、どういった方法で贈与した方が最も効率的なのかをじっくり検討する必要があります。

□まとめ

相続と贈与の違いについて、理解いただけたでしょうか。
節税対策のために生前贈与を検討される方もいらっしゃると思いますが、ルールを知らなければかえって税額が大きくなる可能性があるので、注意しましょう。
その他、不動産の相続について分からないことがあれば、当社までご連絡ください。

売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
相続不動産と相続税の総合専門家/株式会社スリーウェイズ

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ