相続による不動産売却|税理士による節税|相続した不動産の維持管理|スリーウェイズ|横浜

空き家の掃除の適切な頻度とは?庭の手入れ方法についてもご紹介します!

皆さんの中で、最近手入れのされていない空き家が増えていると感じている方はいらっしゃいますか。
老朽化がひどい場合には、周りに迷惑をかけるだけでなく、法的な措置を受ける場合もあります。
今回は、空き家をメンテナンスすべき背景と、各場所での掃除方法をご紹介します。

□なぜ空き家は定期的にメンテナンスをする必要があるのか?

空き家を所有している方は、月にどのくらいの頻度で掃除をされていますか。
住まいから空き家まで遠い方は仕方ないですが、可能な限り空き家のメンテナンスは行うべきです。
ここでは、なぜ空き家は定期的に掃除をしなければならないのか、その理由を解説します。

近年では、手入れのされていない空き家が増えています。
使用感のない家屋は、劣化により資産としての価値が下がるだけでなく、犯罪に使用されてしまうこともあります。
近隣の方に迷惑をかけないためには、以下で取り上げるようなメンテナンスを行いましょう。

*換気をする

換気をせずに密閉された空間には、湿気が溜まってしまいます。
湿気が溜まると、家屋の建材に深刻なダメージを与え、またシロアリやカビの増殖を引き起こしてしまいます。
そのため、湿気を逃すために定期的な換気を行いましょう。
そうすることで、空気の流れができて湿気を取り除き、家屋の老朽化を防ぐことに繋がります。

*家屋で起こっているトラブルを可能な限り早く見つける

壁に入っているヒビや雨漏りなど、できるだけ早く発見して対処する必要があります。
発見時はそこまで深刻でないものも、時間が経つと大きなトラブルの原因となり得ますので、見つけたらすぐに対処をしましょう。

□空き家の外の掃除の仕方をご紹介!

ここまで、家の中で実践すべきメンテナンスをご紹介しましたが、ここからは空き家の外の掃除についてご紹介します。
まず、ポストや郵便受けの掃除についてです。

初めに、中に郵便物やチラシが入っていないか確認しましょう。
ポスティングの場合、空き家でも関係なく投函されるので、チラシが入っている可能性があります。
チラシの投函を防ぐのであれば、入り口の部分をテープなどで止めておくと良いでしょう。

次に、庭はゴミ拾いや雑草取りを行いましょう。
もし、定期的なメンテナンスができず、雑草がぼうぼうに生えてしまう場合には、除草剤を使うことをお勧めします。
また、植木がある場合は剪定作業も忘れずに行いましょう。

最後に、水道メーターのチェックも行いましょう。

水道メーターが回っているのであれば、水漏れが発生しているかもしれません。
もし水道料金が発生するのが嫌であれば、思い切って水道を止めても良いでしょう。
ただし、トイレや水道代が使用できなくなるので、一度じっくり考える必要があります。

□まとめ

いかがでしたか。
今回は、空き家でメンテナンスを行うべき理由や、掃除方法をご紹介しました。
長い期間メンテナンスを行わないでいると、近隣の方々に迷惑をかけてしまう可能性があるので、しっかりと責任を持って管理しましょう。
掃除をする際には、今回取り上げた方法をぜひ実践してみてください。

売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
相続不動産と相続税の総合専門家/株式会社スリーウェイズ

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ