不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

土地の相続はいつまでできる?解説します!

土地を相続するタイミングについて土地の相続に関する知識を学ぶタイミングはあまりないですよね。
土地の相続の期限を知りたい方や土地の相続に備えたい方は必見の記事です。
今回は「土地を相続する期限」と「期限内に相続をしない場合のデメリット」を説明しますので、基本的な知識を押さえてください。

土地を相続する期限について

*土地を相続する場合の期限について

土地の相続の期限は原則として被相続人が亡くなってから「10か月」です。
この間に相続する土地を確定して、相続税の申告と納税をする必要があります。
もし期限を過ぎた場合は延滞税が課されます。

相続するために必要な土地の内容と評価額の調査には時間がかかります。
また相続人が複数いる場合には、遺産分割協議をして分割内容を決めなければならないので、できるだけ早く手続きを進めましょう。
ただし、10か月で相続ができない場合は、以下の解決法があります。

・法定相続分で仮申請をして決定後に修正申告をする
・申請期限猶予申請をして申告期限を伸ばす

*土地を相続しない場合の期限について

土地の相続を放棄する場合は被相続人がなくなってから「3か月」が期限です。
その間に家庭裁判所へ相続放棄の申し立てをします。
相続する場合の期限よりも短いので注意しましょう。
3か月以内に申し立てができない場合は、期限を延長する手続きをしましょう。

期限内に土地の相続をしない場合のデメリットについて

次に期限内に土地の相続をしない場合のデメリットを3つ紹介します。

1つ目は、「土地を売れないこと」です。
相続の手続きを完了するまでは、所有権は被相続人にあるので土地を売ることや担保に出すことはできません。

2つ目は、「相続人が増えて権利関係が複雑になること」です。
土地の相続を長年放置しておくと相続人の世代が増えるので権利関係が複雑になります。
また、全相続人の同意の下に相続内容を決める必要があるので、相続人が増えると遺産分割協議を進めづらくなります。

3つ目は、「必要な書類が入手できなくなること」です。
相続の手続きには被相続人の住民票や戸籍謄本が必要です。
ただし、それらの保存期間は被相続人が亡くなってから5年間と定められているので、期間を過ぎると入手できなくなる可能性があります。

まとめ

今回は、土地を相続する期限と期限内に土地を相続しない場合のデメリットを説明しました。
基本的な知識を押さえていただき、土地の相続をスムーズに行いましょう。
また、相続した不動産の売却をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ