横浜市神奈川区・港北区で家を売る!戸建・マンション・土地売却は【よこはま神奈川区不動産査定.com】へ

不動産売却した年の固定資産税はどうなる?不動産の専門家が解説します!

不動産売却した年の固定資産税はどうなる?不動産売却をお考えの方に向けて今回解説するのは、固定資産税についてです。
住まいを売った年は誰が払うべきなのか分かりませんよね。
この記事では、不動産売却における固定資産税について詳しく説明します。
ぜひ参考にしてください。

不動産を売却した年は誰が払うの?

固定資産税は、その年の1月1日に不動産を持っていた人に対して課税されます。
例えば、3月1日に物件を引き渡したとしても、納付書は売主に届くようになっています。
すでに売却した物件の税金を支払うのは不合理なのではと思う方は多いでしょう。

そこで、一般的には買主と売主が話し合いを行って負担割合を決めます。
つまり、日割り計算した金額を前もって買主からもらい、最終的には売主が納税するという形です。
ただし、起算日をいつに設定するのかで負担する割合が変わりますよね。
基本的に、関東は1月1日、関西では4月1日が起算日となっているので、ぜひ覚えておきましょう。

固定資産税の精算について詳しく解説!

先ほども説明したように、不動産を売却した年は固定資産税の精算をする必要があります。
精算についてはいくつか注意点があるため、これから解説していきましょう。

まず、精算行為は法律で規定されているものではなく、不動産取引における1つの慣例でしかありません。
そのため、買主から一定の金額を受け取った場合は、売却金額が上がったと考えるようにしましょう。
一方で精算を行わなかった場合は、売却金額が取り決めた通りになるだけです。
実際には値引きをしていますが、税制上の区分では何も変わらないため気をつけましょう。

不動産を売り利益が生じた際は、翌年に確定申告を行う必要があります。
これは、精算によって利益が発生した場合も同じで、申告を忘れてしまうと罰則が適用されることがあります。
具体的には、もし申告を忘れてしまうと無申告課税がかけられ、50万円までの部分には15%、それ以上の部分には20%の税率がかけられる場合があります。
さらに、悪質な税金逃れと判定された場合には、より重たい罰則が課されることもあるため、気をつけてください。

まとめ

この記事では、不動産売却における固定資産税について解説しました。
精算で収益が発生した場合にも確定申告が必要になることを覚えておきましょう。
当社ではお客様のご要望に合った売却プランを提案します。また、不動産専門の税理士が在籍しているので税金の面でも安心してご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0814
横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0814
神奈川県横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ