不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

不動産売却をお考えの方へ!税金対策について解説します!

不動産売却でかかる税金対策を解説!不動産を売る際に最も心配なのが、税金対策ですよね。
せっかく高い価格で売却できても、税金で失敗してしまっては困ります。
そこで今回は、税金対策について詳しく解説します。
不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□不動産売却ではどのような税金がかかるの?

税金対策をするためには、その種類について把握しておくことが大切です。
まずは、住まいを売る際にかかる税金について説明しましょう。

1つ目は、課税文書にかかる「印紙税」です。
印紙税は売買契約書に印紙を貼る際にかかる税金で、買い手と売り手のそれぞれが支払います。
契約金額によって価格が異なりますが、500万円~1億円程度の物件であれば、5千円~3万円の印紙税がかかると覚えておきましょう。

2つ目と3つ目は、「譲渡所得税」と「住民税」です。
これらは、不動産を売り利益が生じた場合にだけ支払う必要がある税金です。
よって、売却価格が購入価格を下回るケースでは必要ありません。
これらの税金には複雑な条件があるため、事前に詳しく把握しておきましょう。

□必ず知っておきたい節税対策をご紹介!

ここからは、具体的に支払う税金額を抑える方法について解説します。
少しでも節税したい方は、ぜひ参考にしてください。

まずは、マイホームを売却した場合の特例です。
この控除では、いくつかある持ち家の条件を満たすことで、譲渡所得から最大3,000万円が控除されます。
しかし、不動産を譲渡する相手には一定の条件があるため注意しましょう。

また、10年以上所有していた住まいを売った場合の特例もあります。
こちらは名前の通り、10年を超えて建物を持っていた場合に税率が軽減されます。
しかし、この特例も適用されるためにはさまざまな条件をクリアする必要があるため、事前に把握しておきましょう。

さらに、マイホームを買い換えた場合の特例もあります。
これは、所有していた期間が10年を超え、住んでいた期間が10年以上の場合に適用されます。
この特例が適用されると、譲渡益に対する課税を将来に繰り延べられます。
このように、いくつかの節税対策があるため、自分に合ったものを選びましょう。

□まとめ

今回は、節税対策について解説しました。
不動産を売ると、主に3種類の税金が必要になることを覚えておきましょう。
当社には税理士としても活動しているスタッフが在籍しており、税金面からも不動産に関するさまざまな不安やお悩みを解決しています。
不動産売却に関してご不明な点がございましたら、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ