不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

中古マンションを売却する際は築年数に注目!詳しく解説します!

中古マンションの売却、築年数と売却価格の関係中古マンションの売却価格と築年数は関係性が深いことをご存じでしょうか。
このポイントを知らないまま売却してしまうと、後悔する可能性があります。
そこで今回は、不動産の売却価格と築年数の関係性について詳しく解説します。

□中古マンションの築年数と売却価格には深い関係がある?

中古マンションの売却を検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、築年数と売却価格の相関です。
ここでは、あまり知られていない関係性について説明しましょう。

実は、新築マンションの資産価値を100%とした場合、その売却価格は時間が経つにつれて下がっていきます。
その中でも特に、マンションが完成してから築10年目までは、100%から75.90%、築20年目から築25年目までの間では62.80%から42.40%と一気に低下します。
マンションの資産価値はある一定の時期に大きく変化することを覚えておいてください。

次は、具体的な売却価格について見ていきましょう。
2019年における築5年に満たないマンションの平均価格は、約6,179万円となっています。
しかし、25年が経つとその価格は約半分の3,190万円にまで下がってしまいます。
このように、中古マンションの築年数と売却価格には大きな関係性があります。

□中古マンションはどのタイミングで売るべき?

では、どのタイミングでマンションを売れば良いのでしょうか。
ここからは、築年数から見たマンションの売り時をご紹介します。

まずおすすめなのが、マンションが完成してから10年以内に売ることです。
その理由としては、ローンが組みやすいことが挙げられます。
また、築10年以内であればキレイな状態で購入できるため、買い手が見つかりやすくなるでしょう。

そして、最もおすすめの売却タイミングはまさに今です。
今年の夏に延期されたオリンピックが閉幕することで、マンションの価格相場が高まると予想できます。
そのため、オリンピック閉幕後にはすでに売却のタイミングが終わっている可能性があります。
ベストなタイミングで売るためにも、不動産売却を検討中の方はぜひ当社にご相談ください。

□まとめ

今回は、中古マンションの築年数と売却価格の関係性について解説しました。
どのタイミングで売却すれば、最も利益が大きくなるのかご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、納得のいく価格で不動産を売っていただけると幸いです。
不動産売却をお考えの方でご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ