不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

不動産売却を行うタイミングは相続前?専門家が解説します!

相続不動産の売却、タイミングは相続前?不動産の売却をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、売却を行うタイミングです。
相続を基準にして、タイミングを考えたとき、どのようなタイミングで売却すると良いのでしょうか。
この記事では、相続不動産の売却のタイミングについて、相続時の税金と合わせてご紹介します。

不動産を相続した際に必要になる税金とは?

不動産を相続した際、いったいどのような税金が必要になるのでしょうか。
ここでは、その種類をいくつかご紹介します。

まず1つ目は、相続税です。
相続発生時に、遺産額に応じて相続人に課税される税金を指します。
相続人がこの税金の支払いによって困窮することを防ぐために、控除と特例という制度が定められている点を押さえておきましょう。

2つ目は、所得税です。
相続した後、売却した場合にかかる税金で、売却によって得た譲渡所得に課されます。
譲渡所得には所得税に加えて住民税が課されますが、これらの課税については、対象となる住居の所有期間によって税率が変わる点に注意が必要です。

相続を基準とした不動産売却のタイミングとは?

不動産を売却する場合、相続前、相続後のどちらのタイミングで行えば良いのでしょうか。
ここでは、そのタイミングについて解説します。

*相続前の不動産売却

不動産所有者が生前に不動産売却を行い、現金で相続するパターンです。
このタイミングでは、相続人が複数いる場合に遺産分割がスムーズに進むという点がメリットとして挙げられます。
相続前に売却することで、共有名義にするか、不動産を取得する代わりに現金を支払うのか、といったことについてトラブルになることを防げるのです。

一方で、デメリットとしては、売却時に利益が出た場合に、その利益に対して譲渡所得税がかかってくる点が上げられます。

*相続後の不動産売却

不動産として相続を行った後、売却して現金化するパターンです。
この場合、メリットとして現金で相続する場合よりも必要になる税金を抑えられる点が
挙げられます。

一方で、デメリットとしては、相続人が複数の場合、売却手続きが複雑化してしまう点があります。
相続人全員で共有財産として相続した場合、売却についても相続人全員の同意が必要になります。
そのため、場合によっては、なかなか売却が進まないという事態に陥ってしまうでしょう。

まとめ

今回は、相続不動産の売却のタイミングについて、相続時の税金と合わせてご紹介しました。
不動産の売却をお考えの場合は、ぜひ参考にしてみてください。


スリーウェイズには税理士も在籍していますので、プロの視点から税金面でのアドバイスも致します。ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ