不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

中古マンションの売却をしたい!売却にかかる手数料について解説します!

中古マンションの売却 費用はいくらかかる?
中古マンションの売却には様々な費用がかかるでしょう。
税金や手数料に関することは非常に難しく感じてしまいますよね。
今回は、中古マンションを売る際に必要な手数料について分かりやすく解説します。
中古マンションの売却を検討中の方は必見です。

中古マンションの売却の際にかかる費用は?

現在お住まいのマンションを売って、新しい住まいに移ろうとお考えの方はいらっしゃいませんか。
仕事の都合や家族のライフスタイルの変化など様々な理由が考えられますよね。
できるだけスムーズかつ高値で売却を済ませたいところですが、中古マンションを売る際には様々な費用がかかってきます。
ここでは売却にかかる費用の内訳を紹介します。

中古マンションを売却する際にかかる費用の代表的なものには、印紙税、登記費用、仲介手数料が挙げられます。
これらに加えて、廃棄物があればその処分費など、必要に応じて発生するものもあるでしょう。

まず1つ目の印紙税について解説します。
印紙税とは、税金の一種で売買契約書を作成する際に必要なものです。
取引された物件が売れた価格によって、印紙税の額も異なることが特徴でしょう。
売買契約が締結されて書類のやりとりを行う際には忘れずに印紙を貼りましょう。

そして2つ目の登記費用は、取引されている物件に設定されている抵当権を抹消するためのものです。
これは、もしその物件に住宅ローンが残っていたら必要な手順です。
住宅ローンを返済中の物件を売るためには、物件に設定されている抵当権を抹消する必要があるため、その抹消登記の費用が必要になるでしょう。
加えて、司法書士に報酬を支払う必要もあるので、2〜3万円もプラスして考えておくことをおすすめします。

最後の仲介手数料については次の章で詳しく解説します。
マンションを売る際にはこれらの費用がかかってくることを念頭に置いて売却をしましょう。

仲介手数料について詳しく解説します!

上記でも解説したように、中古マンションの売却には仲介手数料というものが発生します。
仲介手数料は、仲介した不動産会社に対する成功報酬です。
物件を売るために広告活動や内覧などの様々な活動を行いますよね。
取引が成立した際にそれらの活動に対する報酬として支払うものが仲介手数料です。

また、仲介手数料には上限が法律で定められています。
例えば、中古マンションが400万円を超える値段で売れた場合は、その価格に3パーセントをかけたものに6万円と消費税を足した金額になるでしょう。
仲介手数料は取引が成立するまでは発生しない点も覚えておきましょう。

まとめ

今回は、中古マンションを売却する際にかかる手数料について解説しました。
あくまでも仲介手数料は成功報酬なので、取引が成立しないと発生しません。
手数料や税金に関することは難しいため、分からないことがありましたら税金面の専門知識の深いスタッフが在籍する売却専門の当社までお問い合わせください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ