横浜市神奈川区・港北区で家を売る!戸建・マンション・土地売却は【よこはま神奈川区不動産査定.com】へ

不動産売却を検討中の方へ!不動産の査定方法を解説します!

不動産の査定方法とは?3つの査定方法を解説!不動産売却を検討中の方はいらっしゃいませんか。
そんな方へ今回は、不動産の査定方法について解説します。
査定方法は大きく分けて3つあります。
査定の流れも併せて解説するので、不動産売却を検討中の方の参考になれば幸いです。

3つの査定方法とは?

保有している不動産を売却する時には、初めに不動産がいくらくらいで売れるか査定をしてもらいますよね。
その査定額を算出する方法は大きく分けて3つ挙げられます。

*原価法

1つ目は原価法というもので、売却予定の不動産をもう一度建てたらいくら必要かという観点で査定をします。
一般的に土地や戸建ての査定の際に利用されるでしょう。
算出方法としては、まず再度取得するのに必要な費用を出します。
そして不動産の築年数による価値の低下を割り引きます。

不動産別の耐用年数が参考になるでしょう。
事前に耐用年数や築年数を把握することをおすすめします。

*取引事例比較法

取引事例比較法は、言葉から想像できるように今までに取引された似た物件の事例を参考にして査定額を出す方法です。
基本的には1平米あたりの価格を算出して、比較することで査定額を出します。
マンションなどあらゆる不動産査定に利用されるでしょう。

この方法での査定は変動要因をできるだけ排除して公平に判断されるよう考慮されます。
具体的には事情補正、時点補正、地域要因、個別的要因の4つが査定の際に考慮されるでしょう。

*収益還元法

収益還元法は、売却したい不動産が生み出すであろう収益から査定額を出す方法です。
主に投資用不動産の査定に利用されます。
この方法は、原価法や取引事例比較法と比較して経済的合理性があると言えるでしょう。

ただ、生み出すと予想される収益やその根拠、また精度が査定のためには非常に重要です。
また、収益還元法には直接還元法とDCF法の2種類があることも覚えておきましょう。

ここでは3つの査定方法を紹介しました。
しかし、いずれの方法をとってもタイミングなどによって必ずしも査定額通りに売却できるものではないため注意しましょう。

実際の査定の流れは?

実際の査定の流れは、まず不動産会社に依頼するところから始まります。
そして決定した訪問日時に現地調査が行われるでしょう。
加えて、不動産の登記簿謄本などの書類を確認します。
最後に上記で解説した査定額の算出方法によって査定額が出されます。

まとめ

今回は、不動産売却をする際に必須の査定について解説しました。
当社のホームページでは無料査定もできるため、お試しで査定したい方にもうってつけです。
査定に関することでご不明点がありましたら、お気軽にご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0814
横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0814
神奈川県横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ