横浜市神奈川区・港北区で家を売る!戸建・マンション・土地売却は【よこはま神奈川区不動産査定.com】へ

相続した家を不動産売却したい方へ!注意点を専門家が解説します

相続した家を売却したい方へ注意点
「相続した家を売却したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
相続した家を売却するのは、何かと手続きや税金がややこしそうですよね。
今回は、相続した不動産を売却する時の注意点を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

相続した不動産の売却方法は2パターンあります!

相続した不動産を売却する場合は、主に単独で相続する場合と複数人で分ける場合の2パターンがあります。

*単独で相続する場合

もし兄弟がいたとしても、そのどちらかが単独で相続する場合がありますよね。
その場合は比較的簡単に売却が進むでしょう。

売却の流れとしてはまず、相続人全員で話し合いを行い、不動産を相続する人を1人決めます。
もし遺言書がある場合は、その内容に従いましょう。
不動産を相続する人が決められたら「相続登記」と言い、不動産の所有者名義を変更する必要があります。
相続登記が完了したら、通常の売却手続きと同じように相続した不動産を売却します。

このように不動産を単独で相続する場合は、非常にシンプルな手続きで済むでしょう。
そのためには最初の話し合いの時点で、誰に相続させるかをトラブルなく決めておくことが大切です。

*複数人で相続する場合

不動産は財産の中でも非常に価値が高いものですよね。
そのため、相続人の中でも誰が相続するのかという問題に発展しやすいです。
このような場合は、まず不動産を売却して現金化し、それを法定相続分で平等に分割する方法が解決策としてとれるでしょう。
これを「換価分割」と言います。

流れとしては、まず遺産分割協議で換価分割することに決まったら、売却するために名義の変更を行い、売却をします。
ここでトラブルを回避するのに大切なことが、売却の際にしっかりと話し合いで売却価格を決定することでしょう。
そして売却によって手元に残った現金を分割して完了です。
トラブルを避けるようしっかりと話し合いましょう。

相続した不動産の売却に関する注意点とは?

相続した不動産を売却した際に、譲渡益が出たら住民税や所得税などの税金が課税されます。
また、売却する不動産を保有していた期間によっても税金が変わるため注意が必要です。

利用できる可能性のある特別控除も存在しているため、事前に情報収集をすることが大切です。
不動産売却に関することは非常に難しいため、専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、相続した不動産を売却する際のパターンや注意点を解説しました。
単独で相続するパターンと複数人で分割するパターンがありましたよね。
税金に関することには注意が必要で、また非常に複雑です。

スリーウェイズには税理士に精通するスタッフが在籍しておりますので、分からないことがあればお気軽に当社までご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0814
横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0814
神奈川県横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ