不動産査定・売却や相続した不動産の維持管理など、不動産のお悩みごとは横浜市神奈川区の株式会社スリーウェイズへ!

不動産売却をご検討中の方必見!必要な費用について解説します!

不動産売却で必要な費用ってどのくらい?不動産売却をご検討中で、売却に必要な費用がどのくらいなのかわからずお困りの方はいらっしゃいませんか。
多くの方は、不動産売却を人生でそう何度も経験するわけではないため、わからないことも多いでしょう。
この記事では、不動産売却時にかかる諸費用と、その費用を抑えるコツをご紹介します。

不動産を売却する際にかかる諸費用とは?

不動産を売却する際、どのような費用が、どのくらいかかってくるでしょうか。
ここでは、代表的な諸費用をいくつかご紹介します。

まず1つ目は、仲介手数料です。
仲介を依頼した不動産会社に対して売買契約成立時に支払う成功報酬のことです。
宅地建物取引法によって取引金額ごとに手数料の上限が定められており、400万円を超える物件は簡易計算式で算出されます。

2つ目は、登記・住宅ローン関連費用です。
住宅ローンが残っている場合、その物件には金融機関の担保として抵当権が設定されています。

売却して引き渡す際にこの抵当権を抹消する必要があるのですが、抵当権抹消登記をする際に費用がかかってきます。
不動産1物件につき1000円、土地と建物であれば2000円が必要になります。

3つ目は、印紙代です。
売買契約書を作成する際、契約金額に応じて収入印紙を貼ります。
金額次第では高額になる場合もあります。

4つ目は、引っ越し代です
住み替えをする場合、現在住んでいる家から住み替え先への引っ越し費用が必要になります。

5つ目は、譲渡所得税です。
所有している土地や建物を売却して得た利益のことを譲渡所得と言い、この利益に対してかかる税金を譲渡所得税と言います。

不動産売却で費用を抑えるコツを紹介!

不動産を売却する際に費用を抑えるには、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。
ここでは、そのコツを3つご紹介します。

まず1つ目は、控除を上手く活用することです。
不動産を売った際に発生する税金を抑えるために活用できる控除は、いくつかあります。
代表的なものとしては、居住用財産の3000万円控除や、譲渡損失の損益通算および繰越控除があります。
上手く活用し、できる限り出費を抑えましょう。

2つ目は、自治体の補助金を活用することです。
自治体によっては、一定条件を満たすことで補助金の支給を受けられるところがあります。
売却したい物件がある地域の自治体に一度問い合わせてみると良いでしょう。

3つ目は、交通費を抑えることです。
遠方の不動産を売却したい場合、交通費を抑えることが重要です。
現地でのスケジュールを事前に決め、現地に行く回数をできる限り減らしましょう。

まとめ

今回は、不動産売却時にかかる諸費用と、その費用を抑えるコツをご紹介しました。
不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

不動産売却についての電子書籍プレゼント!

不動産売却についての電子書籍プレゼント!


---------------------------------------------------------
株式会社スリーウェイズ
取締役社長 松本 直之

〒221-0825
横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784
FAX:045-534-5793
Mail:info@3-ways.jp

老い支度・終活のご相談はこちら
https://3-ways.jp

住宅ローンの返済にお悩みの方はこちら
https://loan-3ways.com/
---------------------------------------------------------

販売事例売却査定知らないと損をする不動産売却10のポイント電子書籍プレゼント住宅ローンの返済にお悩みの方へ終活のご相談はスリーウェイズへ不動産売却のお役立ちコラム
               
よこはま神奈川区不動産査定.com(運営:株式会社スリーウェイズ)

株式会社スリーウェイズ

神奈川県知事(1)第030937号

〒221-0825
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14 ヒルトップ反町2F
TEL:045-534-5784


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土・日・祝日(ご都合に合わせて対応可能です)

Copyright © All rights Reserved by株式会社スリーウェイズ